予約・お問い合わせ
097-558-5600
     (受付時間 8:30 - 17:30)
ホーム
Home
内科について
Consultation
骨粗鬆症
Osteoporosis
スタッフ紹介
Doctors
アクセス
Access Map

文献

1)折茂肇, 細田裕, 白木正孝ほか. 大腿骨頸部骨折全国頻度調査報告(昭和62 年) 日本医事新報 1989; 3420:43-5.Orimo H, Hosoda Y, Fujiwara S, et al. Hip fracture incidence in Japan. J Bone Miner Metab 1991; 9(suppl):15-9.折茂肇,橋本勉,白木正孝ほか. 大腿骨頸部骨折全国頻度調査 1992 年における新発生患者数の推定と5年間の推移. 日本医事新報1995; 3707: 27-30.
Orimo H, Hashimoto T, Yoshimura N, et al. Nation-wide incidence survey of femoral neck fracture in Japan,1992. J Bone Miner Metab 1996; 15: 100-6.
厚生省長寿科学総合研究事業 骨粗鬆症予防のための危険因子に関する研究班(班長 折茂肇) 折茂肇,橋本勉,坂田清美,吉村典子,清野佳紀,江見充,羽田明,鈴木隆雄,細井孝之,宮尾益理子. 第3 回大腿骨頸部骨折全国頻度調査成績- 1997 年における新発生患者数の推定と10 年間の推移. 日本医事新報1999; 3916: 46-9.
Orimo H, Hashimoto T, Sakata K, et al. Trends in the incidence of hip fracture in Japan, 1987-1997: the third nationwide survey. J Bone Miner Metab 2000; 18:126-31.
折茂肇,坂田清美. 第4 回大腿骨頸部骨折全国頻度調査成績 2002 年における新発生患者数の推定と15 年間の推移. 日本醫事新報2004; 4180: 25-30.
Orimo H, Yaegashi Y, Onoda T, et al. Hip fracture incidence in Japan: estimates of new patients in 2007and 20-year trends. Arch Osteoporos 2009; 4: 71-7.

2) 森田陸司.  骨粗籟症の診断;診断基準をめぐってーX線診断. CLIINICIAN,95No.444 26 (888)

3) 伊東昌子. QUS 使用の実際; 臨床応用-臨床的意義. Osteoporosis Jpn 2005; 13: 36-8.折茂肇, 林史, 福永仁夫ほか. 原発性骨粗鬆症の診断基準(2000 年度改訂版) . 日骨代謝誌 2001; 18: 76-82. 折茂肇, 杉岡洋一, 福永仁夫ほか. 原発性骨粗鬆症の診断基準(1996 年度改訂版) . 日骨代謝誌 1997; 14: 219-33.椎体エックス線写真での骨粗鬆化の判定法(文献54,56より引用)

4) Sumiaki Okamoto, Akira Itabashi, Naoya Ohtsu, Takaaki Okamoto, Hitoshi Noguchi, Hiroyuki Suzuki:Osteoporotic Perforations of Vertebral Endplates may induce Spinal Osteoarthritis. :JBMR S105,2006 ASBMR 2006:SEP. 15-19 Philadelphia

5) 岡本純明:骨粗鬆症治療の問題点,Clinical Calcium,8(9),1212-1219,1998